賃貸アパートは賃貸マンションよりも家賃が安いのが魅力です。しかし、防犯性が低いなどのデメリットもあります。

家賃が安い賃貸アパート

家賃が安い賃貸アパート

家賃が安い賃貸アパート

家賃が安い賃貸アパート
賃貸物件にはマンション、アパート、コーポ、ハイツなどがあり、住むエリアや路線によって家賃の相場が上下します。情報誌やインターネットの不動産情報が載っているサイトを細かく見ていれば、どの辺のエリアのマンションの家賃が安くて、どの辺からだと高くなるのかチェックできます。一般的に鉄筋コンクリート建てのマンションよりも、木造建てのアパートのほうが家賃が安めになります。アパートだと最寄駅から徒歩3分の物件でも家賃が安いこともあり、通勤・通学のしやすさを重視するならアパートから探すのも一つの選択です。

ただし、アパートは木造建てということもあり、火災などの心配があります。基本的に防犯性がきわめて低い物件なので、通りに面した1階部分だと通行人から生活が丸見えになることもあります。高い塀で覆われていたとしても、空き巣や下着泥棒の格好のターゲットとなります。そうしたことを考えると、アパートは女性にはあまりお勧めできない物件と言えます。しかし、やはり家賃の安さは魅力的ですので、とにかく家賃にお金をかけたくないフリーターや、学費でお金がかかってしまう男子学生にとっては「住めば都」で、問題なく住める物件かと思います。

Copyright (C)2015家賃が安い賃貸アパート.All rights reserved.